ローマン・バンヴァールト神父 O. S. B. & 聖グレゴリオの家聖歌隊
(Pater Roman Bannwart O. S. B. & Chorus Instituti St. Gregorius, Tokyo)

PROFILE

ローマン・バンヴァールト神父 O. S. B. (指揮)
1919年スイスに生まれる。1941年神学と音楽の勉強を始める。声楽をオットー・レウム、ヨハネス・フックス、発声法をオットー・ヨッフムに、又グレゴリオ聖歌をオスワルド・ジェッギィに学ぶ。チューリッヒのコンセルバトワールにてオーボエをマルセル・セレットのもとで専攻する。1947年アインジーデルンの聖歌隊長になり現在に至る。1987年ベネディクト会アインジーデルン修道院独自の聖務日課用聖歌集「Antiphonale Monasticum Einsiedlense」を完成する。1988年フリーブルク大学より名誉博士号を授与される。

聖グレゴリオの家聖歌隊
教会音楽の研究と普及をめざして建てられた聖グレゴリオの家で、ミサ典礼で、グレゴリオ聖歌・ミサ曲などを演奏するために1986年復活祭に発足。実際の演奏活動を通して、西洋音楽の根源をたどりながら、現代における宗教音楽の可能性とあり方を模索している。