THE GROOVERS
(ザ グルーヴァーズ)

DISCOGRAPHY

もっと見る

PROFILE

1988年、4人編成でグルーヴァーズ結成。’89年アルファ・レコードよりデビュー。3枚のアルバムを発表後、ヴォーカリストが脱退。藤井一彦がヴォーカルをとる3人編成となり、’93年ポリドールに移籍/再デビュー。6枚のアルバムとベスト・アルバム1枚をリリース。2000年春にレコード会社、プロダクションを離れ、自主的な活動を開始。’02年にライヴ会場限定販売の自主制作シングル「Groovaholic」を、’03年にBM tunesレーベルよりアルバム『SETZNA』をリリース、各方面から高い評価を受ける。’05年以降、同レーベルから『Modern Boogie Syndicate』、LIVE ALBUM『Rough Triangle』、『ROUTE 09』と順調にアルバムをリリース。’15年の『Groovism』はCD衰退の時代にあって、4年ぶりのリリースにもかかわらず、前作を超える売り上げを記録し話題となった。2019年9月、最新作『RAMBLE』をリリース。