平岡養一 & 田中園子
(Yoichi Hiraoka & Sonoko Tanaka)

PROFILE

平岡養一は1907年生まれ。中学校入学後ピアノを始めるが、手が小さいためピアノにも不向きであるとわかる。それでもハーモニカなどを演奏し音楽を楽しむうちに、木琴(シロフォン)に魅せられるようになり、中学3年の時に5円の木琴を買い、独学で練習を重ねる。大学は経済学部に進学。この頃には平岡は多くのレパートリー曲を持つ、木琴のスペシャリストとなっていた。1927年5月、帝国ホテルにて最初のリサイタルを開催。1929年には当時檜舞台とされていた日本青年館でリサイタルを開催し、成功を収める。1930年6月、父に促されアメリカ合衆国へ留学。9月に受けたNBCのオーディションで、80人の中から選ばれ合格。翌年、15分間のテレビ番組への出演が決定。この番組は、放送回数が4000回に及び、「アメリカ全土の少年少女は、ヨーイチ・ヒラオカの木琴で目を覚ます」と言われた。戦時中はNHKを通して日本国内でも放送された。1936年12月、ニューヨークのタウンホールにて独演会を開催。演奏は成功を収め、ニューヨーク・タイムズも絶賛した。この成功を受けて、相手の両親の許可を得ることができ、1937年3月に結婚。1942年6月、戦争のため日本に帰国。ビクターと契約しレコードを発表すると、日本でも平岡の存在が知られるようになった。また、戦時中から国内を演奏活動して巡り、1963年までに2000回を超える演奏会を行った。20年後の1962年11月、ニューヨーク・フィルハーモニーの独演者としてカーネギー・ホールへ日本人として初の出演。翌年、永住権を取得し家族と共にカリフォルニア州に移住。5年後には市民権を獲得。日本とアメリカを行き来しながら精力的に演奏活動を行った。1978年11月、勲四等瑞宝章を受章。1981年、73歳で生涯を終えた平岡のモットーは「幸福と成功は努力して得ねばならぬ」であった。