シズオ・Z・クワハラ & 大阪市音楽団
(Shizuo ''Z'' Kuwahara & Osaka Shion Wind Orchestra)

PROFILE

シズオ・Z・クワハラ 指揮
1976年、日本人の両親のもと東京に生まれる。10才でアメリカに移住し、イーストマン音楽院を経て名門エール大学音楽科にて指揮を学ぶ。2002年、バージニア交響楽団のアシスタント・コンダクターに就任。その後、2004年から2007年まで正指揮者を務める。2005年にはフィラデルフィア管弦楽団の特別研究員に就任。音楽監督クリストフ・エッシェンバッハのもとで研鑽を積んだ。
2006年にはPMFパシフィック・ミュージック・フェスティバルにてヴァレリー・ゲルギエフのアシスタント・コンダクターを務めるとともに、同年12月に行われた東京国際指揮者コンクールに入選を果たす。同時に日本での活動を本格的に開始、国内各地の主要オーケストラと共演。2008年にはサイトウ・キネンフェスティバルにて小澤征爾のアシスタント・コンダクターを務めた。これまでに、日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、読売日本交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、東京佼成ウィンドオーケストラ、大阪市音楽団、大阪交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢に客演している。
2008年11月には第4回ゲオルグ・ショルティ国際指揮者コンクール(フランクフルト)にて優勝。これを機にヨーロッパでの演奏活動を開始、ドイツ放送交響楽団、キエフ国立フィルハーモニー交響楽団等に客演している。2009年7月よりジョージア州オーガスタ交響楽団音楽監督。

大阪市音楽団
大阪市音楽団は1923年(大正12年)に誕生以来『市音(しおん)』の愛称で市民の楽団として親しまれている交響吹奏楽団です。
市民の情操を豊かにするために、吹奏楽曲、クラシック曲からポピュラー曲まで誰もが楽しめるコンサートを展開しています。園児・児童を対象とした「幼稚園・小学校合同音楽鑑賞会」は、音響、照明、舞台設備の整ったホールで生の音楽にふれる機会を提供することで、情操教育の効果をより一層高めています。依頼演奏においては、各都市での演奏会や吹奏楽講習会など、多方面からの要望にも応えています。
これまでに3度の大阪文化祭賞、日本民間放送連盟賞、日本吹奏楽アカデミー賞演奏部門賞、大阪芸術賞を受賞。
2003年より秋山和慶氏が特別指揮者・芸術顧問に、2010年からは宮川彬良氏がアーティスティック・ディレクターに就任。
大阪市直営廃止に伴い、2014年4月より音楽監督に宮川彬良氏を、芸術顧問に秋山和慶氏を迎え「一般社団法人大阪市音楽団」として活動開始。