徳永二男 、永田郁代 & 小森谷裕子
(Tsugio Tokunaga, Ikuyo Nagata & Hiroko Komoriya)

PROFILE

徳永二男 ヴァイオリン Tsugio Tokunaga violin
1968年、ベルリンに留学、ミシェル・シュヴァルベ氏に師事。1976年、NHK交響楽団のコンサートマスターに就任。その後ソロ・コンサートマスターとして、長年N響の“顔”として抜群の知名度と人気を誇る。N響在籍時代よりヨーロッパ、アメリカ各地に招かれ、ケルンでの現代音楽祭、ベルリンの日独センター柿落とし公演でのヴォルフガング・サヴァリッシュ氏との室内楽コンサート、ニューヨークのカーネギーホールでの室内楽コンサートに出演して絶賛を博した。1994年にN響を退団。1992年から鎌倉芸術館ゾリステンを主宰、1995年から2013年までJTアートホール室内楽シリーズの音楽監督を、1996年からは宮崎国際音楽祭の総合プロデューサーを経て2011年からは音楽監督を務めるなど、室内楽の分野における中心的立場を確固たるものとしている。ソリストとしては、モントリオール交響楽団やイギリス室内管弦楽団など、国内外の著名オーケストラからたびたび招かれている。また、2008年からは「徳永二男の挑戦」と題し、10年間毎年1回ずつのリサイタル・シリーズに取り組み、大きな話題となっている。最近は、指揮活動もスタートさせており、東京フィル、広島交響楽団、宮崎国際音楽祭祝祭管弦楽団などを指揮して好評を博す。桐朋学園大学特任教授、洗足学園大学客員教授。

永田郁代 ピアノ Ikuyo Nagata piano
桐朋学園大学ピアノ科を卒業。同大学の分室講師を19年間務め、国内外で活躍する演奏家たちと共演を重ねながら、長年に亘ってクラシック音楽の普及活動を続けている。ショパンが作曲し1916年にウジェーヌ・イザイがヴァイオリンとピアノの二重奏に編曲した「バラード1番」の自筆譜(米議会図書館蔵)を世界で初めて校訂、合わせてワルツ遺作ホ短調を改訂し、2014年に楽譜集「ヴァイオリニストたちが愛したショパン」が刊行される(全音楽譜出版社)。在ベルギー日本国大使並びに在米日本国大使主催の記念演奏会で演奏。楽譜集はベルギー王立図書館、米議会図書館音楽部門のコレクションとして所蔵されている。

小森谷裕子 ピアノ Hiroko Komoriya piano
桐朋学園大学附属「子供のための音楽教室」に入室。同高校音楽科、同大学音楽学部卒業。この間、水口和代、山田富士子、江戸弘子の各氏に師事。在学中よりリサイタル、TV、FM、コンクール、CDなどで数多くの演奏家と共演している。又、霧島国際音楽祭、宮崎国際室内楽音楽祭など定期的に出演。1990年、アポロンレコードから「ドラゴンクエスト・オン・ピアノ」のCDを発売。同年、第9回チャイコフスキー国際音楽コンクールで最優秀伴奏賞を受賞。2006年第1回カサド国際チェロ・コンクールin八王子で原智恵子賞(最優秀伴奏賞)受賞。今までに、ダニール・シャフラン、ヨゼフ・スーク、ハーヴィ・シャピーロ、マリオ・ブルネロ、エマニュエル・パユなどと共演し、好評を得た。2010年3月まで桐朋学園附属大学音楽学部弦楽科嘱託演奏員を務める。桐朋学園大学附属「子供のための音楽教室」講師。