福田重男トリオ
(Shigeo Fukuda Trio)

PROFILE

1980年 プロ・デビュー。神崎オン・ザ・ロードをかわきりにジョージ・大塚マラカイボ、秋山一将グループ、鈴木良雄MATSURI、植松孝夫グループ、MALTA HIT&RUN、向井滋春グループ、PARADOX等のグループでの活動のほか、松本英彦、渡辺貞夫、日野皓正、日野元彦、山口真文、大友義雄、土岐英史、道下和彦、五十嵐一生、大野えり、チャリート他数多くのミュージシャンと共演。またロン・カーター、アル・フォスター、ピーター・アースキン、マーク・ジョンソン、ジョー・チェンバース、アイラ・コールマン他ともレコーディング&ライブ等で共演する。現在は自己のトリオの他、TRIO’、藤陵雅裕グループ、三木俊雄フロント・ページ・オーケストラ、を始め、数多くのボーカリストのサポート、セッション、作、編曲、スタジオワーク等で活動中。また1997年よりヤマハミュージックの講師として後進の指導にあたっている。