鈴木央紹
(Hisatsugu Suzuki)

DISCOGRAPHY

もっと見る

PROFILE

1972年11月22日大阪市生まれ。
サックス奏者である父親の影響を受け4歳よりピアノ、作曲を始め、10歳よりサックスを始める。ジャズを独学で始め、16歳の時より演奏活動を開始、17歳の時「AXIA MUSIC AUDITION」においてAXIA賞Instrumental部門Grand Prixを受賞。大阪音楽大学音楽学部サックス科卒業、クラシックを前田昌宏氏に師事する傍ら、在学中もジャズでの演奏活動を行う。
現在、自己のリーダーカルテット(若井優也、佐藤ハチ恭彦、原大力)で精力的に活動を行う他、「ルパン三世」等の音楽作曲で有名なピアニスト大野雄二率いる「Yuji Ohno&Lupintic Five」を始め、原大力グループ、土岐英史グループ、江藤良人トリオ等に参加。
海外のミュージシャンとの共演も多く、Benny Green、Lonnie Plaxico、Rodney Green、Conrad Herwig、 Ron Carter、Salena Jones、Kenny Washington、Peter Washington、Lewis Nash等多数、その信頼も厚い。
また、CDプロデュースワーク、楽曲アレンジ等でも「スタジオ協会録音賞」や「ゴールドディスク賞」を受賞するなど、高い評価を受けている。
そのほか数々のセッション、レコーディング、近藤房之助やZARDのサポート等、ジャンルを超え幅広く活動中。
2009年2月25日、大野雄二プロデュースによるデビュー・アルバムCD「Passage Of Day」をリリース。満を持してのニュー・アルバム「Standards++」は鈴木央紹にとって5年ぶりの新作。この数年、自身のカルテットで丁寧に暖めてきた珠玉のスタンダードが輝きを放つ。