Jonathan Katz
(ジョナサン カッツ)

DISCOGRAPHY

もっと見る

PROFILE

ニュ-ヨ-ク州ロングアイランド出身。イェ-ル大学卒業後イ-ストマン音楽院にて演奏、編曲、ジャズ理論を学ぶ。在学中マックス・ローチ、リー・コニッツ等多くの一流ジャズ・ミュージシャンと共演。ロチェスタ-大学ジャズ・アンサンブルの指揮者、そしてイ-ストマンのジャズ理論クラスの講師を務める。
1991年よりニューヨークと東京を拠点に、多岐にわたる精力的な演奏、作曲、編曲、そしてバンド・リーダーとしての活動を続けている。レイ・ブラウン、ケニー・バレル、ミッキー・ローカーとのBN東京出演のほか、ルー・タバキン、エディ・ヘンダーソンなどのバンドに参加。自己のトリオ、CANDELA、尺八のブルース・ヒューバナーとのデュオ、デイヴ・ピエトロのと双頭バンドNYTC、リーダーバンドTOKYO BIG BANDなど精力的に活動。トロントJ.F.、BNニューヨークなどにも出演。