FREDO ORTIZ
(フレード オルティス)

DISCOGRAPHY

もっと見る

PROFILE

カリフォルニア・ガーデナ出身の【アルフレード”フレード”オルティス】は小学校3年からドラムを叩くようになった。
LAの有名なパンク・バンドであるLos Villiansに参加することで注目されるようになり、次第にラテン・パーカッションの要素を導入していく。
その後、LAの革新的バンド、オゾマトリに参加。
1996年、マニー・マークと運命的に出会う。マークはオルティスの幅広いプレイ・スタイルに感銘を受け、ビースティ・ボーイズにフレードを紹介。
ビースティーズとフレードはすぐに意気投合し、数週間後にはビースティ・ボーイズのツアーでパーカッションを叩くことになっていた。
その時よりビースティ・ボーイズのレギュラー・ドラマー/パーカッショニストとしてツアーに参加、ニューヨークのコンサートをドキュメントした映画『Awesome; I Fuckin’ Shot That!(ビースティ・ボーイズ 撮られっぱなし天国)』にも出演、
グラミー賞を受賞したインストゥルメンタル・アルバム『THE MIX UP』にも参加している。
他にもマニー・マーク、トミー・ゲレロ、レイ・バービーをはじめ、ロス・ロボス、オフスプリング、ケリス、セパルトゥラなどの著名アーティストとも共演している。
2011年より自身のソロ・プロジェクトでも精力的にライヴ活動を開始。
ドラム/パーカッションを叩くだけではなく、自らヴォーカルをとり、様々な楽器を演奏。
2014年10月、トミー・ゲレロのジャパン・ツアー(全9箇所)に参加も決定している。