ルー・クリスティ
(Lou Christie)

PROFILE

米国ペンシルバニア州グレン・ウィラードで生まれ、ピッツバーグで育ったイタリア系米国人。
60年代に数多くのヒットを飛ばし、60年代の米国を代表する、そして全米No.1のヒット曲を持つシンガーソング・ライターの一人として活躍したわけですが、不思議なことに、本国、英国、そして日本と代表曲がそれぞれ違います。面白いのは曲の長さがやはり3分前後に仕上がっている事で、それどころか2分で終わらせようかという勢いです。当時のヒット曲はだいたい3分前後というのが不文律で、キューピーだって3分クッキングだしカップラーメンだって3分だしウルトラマンも3分だし、聞くにしろ見るにしろ待つにしろ、ちょうどいいのが3分くらいだった時代です。
このアルバムには収録されていませんが、1970年に放ったヒット曲「魔法 She Sold Me Magic」は、70年代の洋楽ポップスで、最も“インパクト”のあった曲です。ビートルズの「Can’t Buy Me Love」と同じくイ、ントロなしでいきなりサビから入る曲は非常にインパクトがあります。