フィルハーモニック・アンサンブル・ウィーン“モーツァルティステン” & ハンス・ペーター・オクセンホファー
(Wiener Mozartisten & Hans Peter Ochsenhofer)

PROFILE

フィルハーモニック・アンサンブル・ウィーン“モーツァルティステン”
2005年、指揮のハンス・ペーター・オクセンホファーをはじめ、ウィーンの芸術界をリードする人々の働きかけにより創設された。
このアンサンブルの目的は、室内楽におけるクラシックのレパートリーはもちろん、現代曲のレパートリーを演奏すること。例えば、ウィーンで2005年2月12日にクルト・シュヴェルトシクの“Compagnie Masquerade”を初演した。
編成は、弦楽オーケストラから木管楽器のみによるアンサンブルまで自由自在で、基本的に13人のウィーン・フィル・メンバーと、必要に応じ、ウィーンの第一線で活躍する音楽家を招いて演奏活動を行なっており、その際、ウィーンの音楽芸術の伝統を守り、「オーストリア訛り」を継承していくことを最重要課題としている。
このアンサンブルの音楽監督兼指揮者は、ハンス・ペーター・オクセンホファー。自らも長年ウィーン・フィルのメンバーであり、室内楽の経験も豊富で、現在ウィーン大学音楽学部ヴィオラ科の教授を務めている。