丈青
(Josei)

DISCOGRAPHY

もっと見る

PROFILE

丈青(ジャズピアニスト・作曲家)
ヴォーカリストである母の影響で、3歳からピアノにふれクラシックを学ぶ。また同時にブラックミュージックをはじめとする多岐にわたる音楽に親しみ、その語法を独学で習得。1997年に渡米。本格的にジャズピアニストとしての道を歩むことを決意。帰国後、鈴木勲のバンドへの参加を機にジャズシーンに広くその名が知れわたり、一躍トップピアニストとしての地位を獲得。2003年にはSOIL&“PIMP”SESSIONSに加入、メジャーデビューを果たす。Gilles Petersonに認められたことから活動が世界規模へと発展、2007年には同バンドから派生したピアノトリオJ.A.Mを結成、これまでに3枚のアルバムをリリースする。ソロとしての活動では日野皓正、菊地成孔らと共演し絶大なる信頼と支持を獲得。類い稀なるリズム、グルーヴへの感覚、幼年期より養われた広汎な音楽的造詣をもとにした清新なソングライティングや鮮烈なイメージを喚起するインプロヴィゼーション、クラシックを素地とする卓越したタッチは、Jose James, Jamie Cullum, Eric Harland, Ben Williamsといったトップアーティストからも賞賛される。次代のジャズを担う最重要人物のひとりとして、世界的に注目されている。