WeiWei Wuu
(ウェイウェイ ウー)

PROFILE

中国/上海生まれ。
5歳からヴァイオリンを始める。上海音楽学院付属小学校を経て、上海戯曲学校で二胡とヴァイオリンを専攻し、その後、1991年に来日。
新たな二胡の可能性を開拓すべく、さまざまなジャンルのミュージシャンとコラボレーションを精力的に行い、その過程で、従来座って演奏する二胡のスタンディング奏法の考案など、独自の演奏スタイルを確立。ロック、ジャズ、フュージョンとの共演を可能にした、現代二胡のパイオニア的存在。
2002年5月、『メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー』にてメジャー・デビューし、これまでに、ベスト盤を含め11枚のアルバムとライブDVD1枚をリリース。
二胡教室を自ら主宰(心弦二胡教室)するほか、坂本龍一氏や葉加瀬太郎氏、ケニー・G氏など、国内外のアーティストとのコラボレーション、NHK交響楽団をはじめとするオーケストラとの共演など、幅広い活躍を続けている。
2007年開始したNHK「ダーウィンが来た! 生きもの新伝説」のエンディング・テーマで、ケニー・Gとの初共演を果たす。また、2009年には、世界的に活躍する二胡奏者が一堂に会した二胡サミットIN 東京をプロデュースしたことでも、高い評価を得た。
さらに、TBS系人気ドラマ「JINー仁ーMain Title」で二胡を担当し、好評を博した。
2010年6月、「東京meets 上海」をテーマに、自身のアイデンティティーを問うアルバム『Back to the・・・』をリリース。単なる「癒し」に留まらない、「新たな二胡とウェイウェイ・ウーの可能性」を示し高い評価を得る。同年9月には生まれ故郷である上海にて開催された上海万博会場にてコンサートを実施し、二胡の故郷中国にて大きな反響を博した。
そして2011年、来日20周年記念コンサート「夢胡蝶~Dream of the Butterfly~」を2日間にわたって開催。同年10月にはそのライブの模様を収録した同名の自身初となるライブDVDを発売した。2012年デビュー10周年を迎え、記念ベスト・アルバム「華胡蝶~THE BEST OF WeiWei Wuu」をリリース。2013年には、ギターの越田太郎丸、ピアノの森丘ヒロキとの3人で「WeiWei Wuu アコースティックトリオ」を結成し、5月にCD「上海ルンバ」をリリースし、全国ツアーを敢行した。
2014年、更に進化する二胡のサウンドを追求するべく、プロデューサーに鳥山雄司氏を迎え、『Reborn』をリリース。また、世界遺産の「白川郷」の観光ふるさと大使にも正式に就任し、そのイメージソング「時の旋律」も収録された。2015年、クラッシック、ジャズ、映画音楽、ジブリ、葉加瀬太郎作品等の名曲を中心にした、「ウェイウェイズ・アンソロジー」を4月にリリース、4年連続となる全国ツアーを敢行!2016年、来日25周年を迎え、二胡本来の『癒やし』と『伝統曲』をテーマに、ベストバラード集(新曲、リメイク等含む)『WeiWei’s Cafe Time』を来日記念日の5月3日にリリース。同年7月には東京・武蔵小山に同名のカフェがオープン!
2017年デビュー15周年を迎え、記念アルバム「Legacy」をリリース。全国70本を超えるコンサートを実施。
2019年、壮大な楽曲で彩られた通算13枚目のフルアルバム『扉』をリリース。二胡奏者ウェイウェイ・ウーが開く新たな音楽の扉。アートワーク撮影全編を故郷の上海で行い、サウンド面ではより中国色を意識した作品と同時に「イースト・ミーツ・ウェスト」を見事に表現した作品など、特別展「三国志」イメージソング”THREE KINGDOMS”収録。
そして、2020年、未曾有の事態を迎え、今こそ音楽、二胡で人々の心を癒やすアルバム「贈りたい人へ」をリリース。
同時にYouTubeオフィシャルチャンネルを開設し、生配信を含め、動画の配信を開始した。
スタイリッシュで華麗なテクニックを誇る唯一の二胡奏者として、活躍中。