Mye
(マイ)

DISCOGRAPHY

もっと見る

PROFILE

3歳からクラシックピアノ、9歳からドラムを始め、14歳からゴスペルクワイヤーのリードボーカルを務め、地元福岡で話題となる。
2008年11月に念願のデビューアルバム『my amber soul』をリリースし、iTunes R&Bチャート2位、総合チャート13位を獲得。
2009年6月にiTunes限定配信の2ndアルバム『my gravy soul』をリリース。カバー曲とライブ音源中心の収録曲にも関わらず前作をしのぐダウンロード数を記録し、iTunes R&Bチャート1位、総合11位を獲得。
そして、2009年10月に配信限定でリリースされた3rdアルバム『my naked soul』はiTunes総合アルバムチャートで初のTOP10入り6位を獲得。また複数の着うたクラブ系サイトでTOP3入りを果たす。
2010年1月には地元福岡限定のシングル「一秒ごとの瞬間(とき)を」をリリース。福岡市内だけで10,000枚を超える売り上げでTOWER福岡、HMVキャナルシティなどでウィークリー・シングル・チャート1位を獲得。
その年に行われた福岡でのワンマンLIVEではインディーズ・アーティストにも関わらず動員数400名を記録し福岡メディアで注目された。
2010年8月 ジョン・レジェンド、エリカバドゥなどを排出したニューヨークの老舗クラブSOB’sからゲスト出演の依頼があり渡米、LIVE終了後にオーディエンスから大喝采を浴び、そして同じ頃、超名門ハーレムゴスペルクワイヤーからもオファーを受けB.B,KING CLUBで行われたゴスペルのLIVEに出演。地元ゴスペルファンからもスターディングオベーションをもって大絶賛される。
2011年1月には、その圧倒的なパフォーマンスが高く評価され、“クイーン・オブ・ヒップホップ・ソウル”MARY J.BLIGEからも、その可能性を認められ、日本公演のオープニングアクトとして出演した。
2011年にはコラボシングルとして、第1弾「誓いのうた duet with KG」、第2弾「うれしかったことが悲しくて duet with CIMBA」共にiTunes R&Bチャート1位を獲得。第3弾「涙さえもう度 duet with MIHIRO」は惜しくもiTunes R&Bチャート2位だが、3曲どの楽曲もレコチョククラブチャートにて1位を獲得。総合チャートでも最高12位を獲得。コラボシングル第4弾として、May J./WISEの豪華ダブルキャストを迎えた「ふたつの片想い feat. May J. & WISE」がプレデビューシングルとしてTSUTAYA限定にてリリース。佐々木希出演のピエトロドレッシングCMソングに起用された。
2012年4月にアルバム「my ever soul」でメジャーデビュー。 そのアルバムのリード曲「誓いのうた duet with KG-premium harmony-」がNTV系列番組「ダウンタウンDX」のエンディングテーマとしてオンエアーされた。
2012年7月アルバム「my ever soul」の発売を記念しての福岡でのワンマンLIVEは500名を超え、圧倒的なパフォーマンス力でオーディエンスを沸かせる。
2012年11月初のウィンターアルバム「my winter soul」発売。有名なクリスマスソング、かつて大ヒットした冬の曲、もちろんMye書き下ろしの極上ウィンターソングを収録した、この冬幸せになりたい人限定アルバムを発売。新たなMyeの世界を披露した。



★レギュラー番組

KBCラジオ『Mye Soul Station』
毎週木曜日24:30~25:00
http://www.kbc.co.jp/radio/mye/

FM高知 『MyeのRock’n Soul』
毎週土曜 9:00~9:25
http://www.fmkochi.com/timetab……todayId=6l