ENGLISH

著作隣接権使用料の徴収・分配

著作隣接権使用料の徴収・分配:サービス概要

●レコード製作者の著作隣接権

レコード製作者(レコード会社、原盤制作会社など)は、著作隣接権者として著作権法により保護されています。例えばレコード製作者が発売したCDを放送で使用したり、レンタル店で貸し出す場合は、レコード製作者に対して使用料を支払わなければなりません(報酬請求権)。
また、個人がCDをMD等のデジタルメディアに録音したり、CDを利用した放送をDVD-R等に録画する際、補償金を支払わなければなりません(私的録音録画補償金)。
著作権法では、これらのレコード製作者としての使用料及び補償金の徴収・分配を、文化庁長官が指定する団体によってのみ行使することができるとしており 、その指定を受けている団体が、社団法人日本レコード協会(RIAJ)です。当社は、日本レコード協会の準会員として、日本レコード協会から分配される使用料及び補償金をレーベル様に再分配しています。

●実演家の著作隣接権

レコード製作者同様、実演家も著作隣接権者として著作権法により保護されています。
実演家の場合、日本芸能実演家団体協議会(CPRA)より音楽制作者連盟他を通し実演家に分配されます。
但し、使用料は音楽制作者連盟他の会員でなければ受け取ることができません。
当社は、音楽制作者連盟の賛助会員として、実演家より委任状及び同意書(音楽制作者連盟指定用紙、当社で用意)をいただくことにより、実演家に代わり使用料の徴収、分配を行います。

●著作隣接権使用料及び分配について

①商業用レコードの二次使用料
ラジオやTV番組で使用された商業用レコードに対して支払われる使用料。分配に関しては1年毎で、前々年のオーディオ商品の市販ルートの純売上金額の構成比に基づいた分配になります。
②貸レ商業用レコードレンタル使用料・報酬
レンタル店で貸し出された商業用レコードに対して支払われる使用料及び報酬。分配に関しては、3ヵ月毎で、邦楽(原盤区分別)、洋楽、販売価格別にレンタルルートの純売出荷数の構成比に基づいた分配になります。
③私的録音補償金
家庭内のデジタル機器によるCDの録音に対して支払われる使用料。 分配に関しては半年毎で、前年同期間のオーディオ商品の市販ルートの純売上金額の構成比に基づいた分配になります。
④私的録画補償金
家庭内のデジタル機器による放送の録画に対して支払われる使用料。 分配に関しては半年毎で、前年同期間の映像商品の市販ルートの純売上金額の構成比に基づいた分配になります。
*分配に関しては、一定の分配手数料をいただきます。また、当社との契約内容により分配内容が異なる場合があります。

著作隣接権使用料の徴収・分配:放送二次使用料の徴収・分配の流れ

放送二次使用料の徴収・分配の流れ




著作隣接権使用料の徴収・分配:私的録音補償金の徴収・分配の流れ

私的録音補償金の徴収・分配の流れ



著作隣接権使用料の徴収・分配:私的録画補償金の徴収・分配の流れ

私的録画補償金の徴収・分配の流れ