バックナンバー

2018.02.08 UP

宇宙人 (Cosmos People)宇宙人のニューアルバム『RIGHT NOW』に収録されている「これが僕の愛し方 / That’s the Way I Love / 這就是我愛你的方法」のMV撮影が、2017年11月深夜、都内にある東京アメリカンクラブにて行われた。宇宙人バンド初となる日本人監督田辺秀伸氏による作品で、スタッフもすべて日本人による撮影だ。

MVの作品イメージはインターナショナルスクールを舞台にしたポップな仕上がり。ダンサブルでノリのいい楽曲にのせて、オタク男子が大好きな女の子のことを妄想する様子をコミカルに描いている。

撮影当日、宇宙人のメンバーは黒いスーツ姿というシックな装い。
すでに衣装に着替え、ヘアメイクを待っている間、方Qと阿奎は楽器を持って控室をウロウロ。そんな二人を小玉が携帯で撮影したり、夜食のお弁当を食べたりしながら撮影開始を待っていた。

撮影がスタートしたのは午前0時!それまではリラックスモードの3人だったが、日本での日本人スタッフによる撮影ということもあってか、現場に足を踏み入れると少し緊張気味の表情に。

撮影はメンバーのソロカットからスタート。まずは方Qがベースを持ってカメラの前にスタンバイ。小玉と阿奎はその姿をモニター越しに見つめ、「がんばれよ!」と声をかけた。監督からはカメラ目線の簡単な指示を受けただけで、あとは曲に合わせて自由に体を動かす方Q。彼らにとってこうした撮影は慣れたもので、日本人スタッフとのコミュニケーションにも全く支障がない。続いて阿奎のソロカット撮影。先ほどと同じように小玉と方Qがモニターをチェック。すると小玉がカメラに映る阿奎の顔の角度を指示する。また、小玉が撮影の際には方Qが直接小玉の前に立ってマイクの持ち方をアドバイスする場面も。メンバー同士が自然とお互いの様子を確認しあっているのが微笑ましい。その後は3人一緒に楽曲に合わせて自由に動きながら演奏するシーンを撮影した。

いよいよダンサーも加わっての撮影に。お揃いのワンピースに金髪のウィッグをつけた17人の女性ダンサーが登場し、現場は一気に華やかに。メンバーたちは自らダンサーのもとへ行き、日本語で「よろしくお願いします!」と挨拶。
さっそく始まった彼女たちのリハーサルを真剣に見つめていた3人。圧巻のダンスパフォーマンスに、「すごい!」「ダンスが揃ってる!」「迫力ある!」と興奮した様子。小玉はダンスパフォーマンスを見ながら「こんなに大勢のダンサーが揃って踊ると迫力がでるね。監督のアイデアに感謝です!」と嬉しそうに語った。

この頃には最初の緊張感もすっかりなくなったメンバーたち。小玉がダンサーのスカートを持ってヒラリとさせる振り付けを真似ると、すかさず方Qが「全然ちがーう!」と日本語でツッコミを入れて大笑い。今度は方Qが振り付けの確認をしながら踊っているダンサーと一緒にダンス。これがなかなかうまく、周囲の笑いを誘っていた。

MVの主人公であるメガネのオタク男子役のキャストも参加しての全員での撮影では、目の前で寝転がって踊るオタク男子くんの不思議な動きにも動じることなく順調に撮影が進んだ。ここでもメンバーは、オタク男子くんのメガネを直してあげたり、英語で話しかけてコミュニケーションを取ったりと、気さくな姿を見せていた。

大きな問題もなく順調に撮影が進んだとはいえ、宇宙人メンバーの撮影シーンが終了したのは午前2時。だが彼らは「今日は楽しかったから全然つらくなかった」と笑顔を見せてくれた。

そんな撮影が終わったばかりの彼らに日本でMV撮影をした感想を聞いた。
小玉「今日の撮影はほとんどがワンテイクで終わっています。僕はもう一回と言われるんじゃないかなと思ったのに、OKが出て驚きました(笑)」
方Q「そう!撮影が想像以上に早く進むからびっくり。監督の頭の中にすでにしっかりとした構想があったから順調に撮影できたんだと思います」
阿奎「あまりにも順調で、今までのMVの中で一番リラックスして撮影できたんじゃないかな(笑)。ダンサーさん達のレベルの高さにもびっくりしました。見た目は可愛らしいのにダンスは迫力があって、カッコいいと思いました」
小玉「全員小柄なのに、いざ踊り出すと迫力があってとても大きく感じるんです」
阿奎「後ろで彼女達が踊っていると、動くたびに風を感じたのにも驚きました!それだけダンスがパワフルだったってことですよね」
方Q「モニターで確認したけど、とても楽しい映像が撮影できたのでうれしいです。ファンの皆さんにも満足してもらえるMVになったと思います!」

メンバーもイチオシの「これが僕の愛し方 / That’s the Way I Love / 這就是我愛你的方法」MVは、Youtubeの公式チャンネルにてぜひチェックしてほしい。

text by Junko Yamaguchi

宇宙人 (Cosmos People)宇宙人 (Cosmos People)宇宙人 (Cosmos People)宇宙人 (Cosmos People)

宇宙人 (Cosmos People)宇宙人 (Cosmos People)宇宙人 (Cosmos People)


 

宇宙人 (Cosmos People)

・阿奎 (アークェ/Guitar)
・小玉 (シャオユー/Vocal & Keyboard)
・方Q (ファンキュー/Bass)

宇宙人 (Cosmos People)は、小玉(シャオユー)と阿奎(アークェ)によって2004年に結成。
高校の同級生だった2人は、好きな音楽が一致して意気投合、ダンス・ミュージックやファンクに日々夢中になりつつ、卒業後にバンドを結成した。
以来10年近くに渡って、曲作り/レコーディング活動とライブ活動に精進してきた。
幾度かのメンバー・チェンジ後、現在は高校時代の先輩でもある方Q(ファンキュー)を加えた3ピースバンドとして活動中。
台湾ではMayday(五月天)と同じレーベル”相信音楽”に所属。
年間100本以上のライブを行い、昨年3000人を動員するTICC台北國際會議中心での大型単独ライブを開催・成功させる。
CM/広告にも多数抜擢、さらには香港やシンガポール、中国大陸でのワンマンツアー、USの世界的音楽フェス”SXSW”にも出演するなど、その実力・注目度は台湾を飛び越えて急上昇中!

◆ Official Site ⇒ https://cosmospeople.jimdo.com/
◆ Facebook ⇒ https://www.facebook.com/cosmospeople
◆ Twitter ⇒ https://twitter.com/CosmosPeople

関連アーティスト

宇宙人 (Cosmos People)

関連リリース