バックナンバー

2017.10.04 UP
印象派、2年ぶりの新作にして、初となるフルアルバム。

2015年作「AQ」から2年ぶりのニューアルバムにして、先行配信シングル「Kiss!Kiss!Kiss!もいっちょKISS!!」「檸檬 le:mon」に加え16年以降会場で発表してきた会場限定音源「連れてって」「秘密」に、最新音源を加えた濃密な内容の印象派初のフルアルバム!
あたり障りのないことばかりが歌われてるこの時代に、遠回しとカーブが得意な彼女たちが結構ストレートに問いかける「メッセージ」アルバムになってます。
人間関係、社会、政治、人生観など誰もに関わってくる普遍なテーマを、miuの作る極上のメロディーセンスに乗せて彩る全10曲。前作までのナンセンス感や、ジャンルレスな音楽性は更にヴァージョンアップ、先行配信されたタイトルインパクト半端ない「Kiss!Kiss!Kiss!もいっちょKISS!!」を筆頭に、今作のリードトラックにして、まさに現代生活者たちにゆるふわ風味でありながら辛辣すぎる御意見を吐きかける「檸檬 [le:mon]」、予測不能の最近の災害と、もはや喜劇と化した政治をミックスした「TYPHOON!」、会場限定で先行販売された「連れてって」「秘密」に、誰もが青春時代を振り返りたくたる大名曲「球状」、松本隆/呉田軽穂(松任谷由実)のゴールデンコンビの大ヒット曲「Woman“Wの悲劇”より」のクールすぎるカバーなどの全10曲!
エンドレスリピートしたくなる2017年大名盤の誕生ですっ!

印象派『印象派は君に問いかける』2017.10.04 Release
印象派 / 印象派は君に問いかける
[収録曲]
01. 檸檬[le:mon]
02. TYPHOON!
03. Kiss!Kiss!Kiss!もいっちょKISS!!
04. 秘密
05. 印象派は君に問いかける
06. 連れてって[Ver.1.5]
07. 球状
08. 僕らは永遠じゃない
09. Woman“Wの悲劇”より
10. 夢であった猫
PECF-3189 / ¥2,500+税
購入する




印象派 Profile

09年結成。MICA、MIUの現役OL二人組。関西で結成、11年に関西タワーレコード限定シングル「ENDLESS SWIMMER/HIGH VISION」を発表、12年に全国タワーレコード限定販売シングル「SWAP」リリース。早耳ミュージックフリークの注目を集める。その勢いで翌13年にスペースシャワーミュージックエニナルより1stミニ「Nietzsche」(ニーチェ)リリース。一年遅れで発表した「SWAP」のミュージックビデオがスペースシャワーTVでミドルローテーションを獲得、にもかかわらずライブは年に数本で、平成の幻ツチノコユニットと呼ばれはじめる。13年暮れにタワーレコード限定シングル「MABATAKIしないDOLLのような私」、14年にセカンドミニ「(not)NUCLEAR LOVE(or affection)」(読みは「かくれんぼ」)発表。次第にラディカルな要素も強めはじめる。
14年にはつくばロックフェスティバルに出演、地元関西は神戸Kiss-FMにて自身のレギュラー番組をスタート、その間にmiuが異動のため東京に居を移し、自称:遠距離テレパシーユニットとして活動。この頃から認知され始め、著名人に呟かれることしばし。15年にサードミニ「AQ」リリース、さらにジャンルのフィールドを拡げた音楽性にFM局などが絶賛、リード曲「綺麗」は早耳FM局のパワープレイを獲得、YATUI FESTIVAL15にも出演、ライブに力を入れ始める。16年、ライブ会場限定「LOVELETTER FROM KAMATA .ep」をリリース、今までにないライブ活動を展開し、17年初頭配信シングル「Kiss!Kiss!Kiss!もいっちょKISS!!」で印象派流ブラックミュージックの解釈も完成形を見せ、17年にはKUDAKENEKO ROCK FESTIVALに出演、会場限定CD「CECIL FaIRY」を挟んで17年10月に発表される、「言葉」に力を入れ始めたニューアルバム「印象派は君に問いかける」は、今の???な時代に問いかける、印象派第2章の始まりといえるだろう。

◆ 印象派公式 note
https://note.mu/inshowha



関連アーティスト

印象派

関連リリース