バックナンバー

2017.01.19 UP
singles ~more good music~

スペースシャワーミュージックが「singles ~more good music~」のタイトルのもと、HIP HOP、ソウル、ファンクに特化したイベントを開催。
昨今、海外を潮流とする新しいグルーヴを伴ったブラックミュージックが注目されており、国内アーティストも、それらの流れに反応し様々なアーティスト/バンドが活動しています。
このイベントは、そんなアーティスト達の奏でる素晴らしい音楽を、多くの人に気軽に聴いてもらいたいと企画されました。
開催は奇数月の毎最終月曜日にSHIMOKITAZAWA CLUB251で行います。

第1回目の出演アーティストは、Scarf & the SuspenderSとShuns’ke G & The Peas。
スペシャルゲストにHUNGER(GAGLE) & 6th Generationが決定しています。
イベントを盛り上げるDJ陣にはmegと2much DJ’sという豪華な布陣。

ブルーマンデーの憂鬱を吹き飛ばす、フレッシュでハッピーなパーティーになりそうです!


[ singles ~more good music~ ]

■ 2017.01.30(月) @SHIMOKITAZAWA CLUB251
http://www.club251.com/
OPEN / START : 18:30 / 19:00
入場料 : 無料 (入場時、2ドリンク1000円)

LIVE : HUNGER(GAGLE) & 6th Generation、Shuns’ke G & The Peas、Scarf & the SuspenderS
DJ : meg、2much DJ’s


HUNGER (GAGLE / Jazzy Sport / 松竹梅レコーズ)
HUNGER

仙台出身のヒップホップアーティスト。滑舌良すぎるラッパーとして知られるGAGLEのMC。明瞭かつ力強いボーカルスキルであらゆるビートの波を乗りこなす。一方、メッセージ性を重視した楽曲も評価が高く、時代の空気と真摯に向き合い生み出した「雪ノ革命」「屍をこえて」「うぶこえ」などはGAGLEのマスターピースとして、世代を超え愛され続けている。2016年国内外23名のアーティストとコラボしたソロアルバム「SUGOROKU」をリリース。MCとしての活動と平行し”繋がりから生まれるアイデアを形にする音楽ラボ”として「松竹梅レコーズ」を2003年より主宰。地元仙台のアーティストの音源制作や海外のアーティストとの連携プロジェクトなど約70作品をリリースしている。
http://gagle-official.com/


6th Generation -シックスジェネレーション-
6th Generation -シックスジェネレーション-

宮城県蔵王連峰のふもと川崎町と、仙台を拠点に活動するDJ・ビートメイカー。
HEART BEATを感じるHIP HOPを軸に、頑丈で自立したBLACK MUSICをOUTPUT。キレのあるスクラッチと、二枚使いでオーディエンスの首を揺らす。
2013年、在仙アーティストBUZZ & DJ K-SUKEのアルバム『BUZZ DRUG』に楽曲提供。EL DA SENSEI(Artifacts) & HUNGER(GAGLE)「Pose and Attack」をプロデュース。2014年、KID SUBLIME『The Nippon Fluteloop feat. BUZZ』をリミックス。2015年、HUNGER(GAGLE)・KGE・菅原信介・CHI3CHEE・RITTO・BUZZ・Cello a.k.a massanと、全国から多彩なアーティストをフューチャーした1st Album『The Right Way』をリリース。同アルバムは、iTunes Store全ジャンル総合ページのTOPバナーで紹介され、「ヒップホップ/ラップ」の国内外含めたアルバム ランキングでは最高6位を獲得。また、韓国の総合音楽アプリ「genie/ジーン」にて特集ページが組まれ、読者投稿による「人気マガジン ランキング」で最高位1位を獲得。その勢いのまま、同アルバムのゲストアーティストを迎えた4曲を、アナログ12インチでリリース。Record CD Online ShopのヒットチャートJapanese Hip Hop部門で、第1位を獲得。2016年3月には、DJ KENTARO, GOLDIE, DJ SHORTKUTらと共に、フィリピンにて行われた野外フェスティバル「BASSCAMP x MALASIMBO LIGHTS & DANCE FESTIVAL」に出演。知名度は一躍「世界規格」となる。2016年6月には、アルバム「The Right Way」のツアー時に培った経験値と思い入れの強い曲を詰め込んだMix CD「Get Live」をリリース。
http://www.showtikubai.com/The……/home.html


Shuns’ke G & The Peas
Scarf&the SuspenderS

ソウルシンガーShuns’ke GとJames BrownのバンドJB’Sの曲「Pass The Peas」にその名を由来するThe Peasによる、現在進行形ヴィンテージ・グルーヴ・ソウル・バンド!
ボーカルはLAを活動拠点に、ライブハウスでSOUL、R&B を歌い続けたソウルシンガーShuns’ke G。単身渡米からの帰国後、2015年12月にKeishi (Gt.) 越智俊介(Ba.) タイヘイ(Dr.) 井上惇志(Key.)らとShuns’ke G & The Peasを結成。
2016年7月、Soul、Funk、Jazz、Blues、Reggae などを基調にしたオリジナリティ溢れる極上のグルーヴと、ソウルフルでエモーショナルなボーカルが共鳴し合う、完全一発録りのスタジオ・ライブ・レコーディングにて、その魂を刻み込んだデビューアルバム『SOUL SKETCH』を完成させた。新たなるジャパニーズ・グルーヴ・ムーヴメントがShuns’ke G & The Peasから始まる!
http://shunskegthepeas.com/


Scarf&the SuspenderS
Shuns'ke G & The Peas

2014年末より都内を中心に活動を開始。
新世代感溢れるフレッシュでコンシャスな音楽性は、バンドでありながらHIP HOPの真髄を的確に捉えている。
ライブパフォーマンスは限りなくオルタナティブ且つソウルフルで、クラウド達から高い評価を得ており、THE WORLDやGWCMCZ、PARTYPARTY×胎動とともに偶数月第二金曜定期イベント “One more step!!”@ club asiaを主催、400人以上を動員するまでに成長。自らのシーンを作る動きは多方面から注目を集めており、これからのシーンに大きな足跡を残すであろう事は確実である。
MC.前田拓也 a.k.a Scarf / Gt.福永知史 / Ba.Little Woody / Key.井上惇志 / Ds.ヒロセヒロユキ
http://www.scarf-suspenders.com/