リー・モーガン & クリフォード・ジョーダン
(リー モーガン アンド クリフォード ジョーダン)

PROFILE

リー・モーガンは1938年7月10日ペンシルヴァニア州フィラデルフィアで生まれたトランペッター。1956年18歳でディジー・ガレスピーのビッグバンドに加入し、その年ブルーノートで初リーダー・アルバム『リー・モーガン・インディード!』を発表した。1958年ガレスピーがバンドを解散するとアート・ブレイキーにスカウトされ彼のジャズ・メッセンジャーズでスター街道を驀進した。1961年に独立する前からリーダー・アルバムを数多く吹き込み、ロックを意識した『サイド・ワインダー』(1963年録音)が空前のヒットとなった。1972年2月19日NYCのクラブ「スラッグス」に出演中内縁の妻の凶弾に倒れた。まだ33歳だった。

クリフォード・ジョーダンは1931年9月2日にシカゴで生まれたテナー・サックス奏者。1957年にブルーノートでレコーディングを開始したが、その中の1枚がリー・モーガンと共演したリーダー作『クリフ・ジョーダン』である。1960年代はホレス・シルヴァー、J・J・ジョンソン、マックス・ローチやチャールズ・ミンガスのグループに参加した。欧州ツアーも盛んに行い、1970年代中頃には一時ヨーロッパに移住して、スティープルチェイスでも録音した。1993年3月27日、マンハッタンで死去。61歳だった。