クロード・ボリング
(クロード ボリング)

PROFILE

ボリンはカンヌで生まれた。ニース音楽院で学んだ後、パリでさらに勉強した。神童で、14歳になった頃には、プロのピアニストとして、ライオネル・ハンプトン、ロイ・エルドリッジ(en:Roy Eldridge)、ケニー・クラーク(en:Kenny Clarke)らと共演していた。ジャズのテクニックについてのボリングの著作を見ると、ボリングはビバップ以上にアバンギャルドを深く探求していないことがわかる。ボリングは1960年代後半のトラディッショナル・ジャズ・リバイバルの主役で、オスカー・ピーターソンの友人になった。