Diggy-MO'
(ディギー モー)

DISCOGRAPHY

もっと見る

PROFILE

2003年、SOUL’d OUTのメインMCとしてシングル「ウェカピポ」でSME Recordsからデビュー。10年以上に渡るヒアノ歴、過去の多様なスタイルのバンド活動に加え、ジャズやロック、クラシックなど、幅広い音楽に精通していることから、グループ時代や自身の全ての楽曲におけるソングライティングの要である。SOUL’d OUTとしては約50万枚を売り上げた1st アルバムのリリース以降、「1,000,000 MONSTERS ATTACK」、「To All Tha Dreamers」等、数々のシングル楽曲やオリジナルアルバムをオリコンチャートトップ10に叩き込み、その音楽性を着実に浸透させてきた。2007年には、漫画家、荒木飛呂彦氏との深い親交の中で、「ジョジョの奇妙な冒険」の劇場アニメテーマ曲を担当。また、日本武道館でのワンマンライブを成功させるなど、グループでの活動の幅を広げる。
翌2008年、その活動と並行し、同レーベルからDiggy-MO’としてシングル「爆走夢歌」でソロデビューを果たす。グループの時からはもとより、独特な声質を生かしたボーカルや、鬼気迫るアグレッシブなライブパフォーマンスは音楽業界の中でも高く評価され、既存のジャンルにとらわれず、あらゆる音楽を昇華させた楽曲スタイルは、日本の音楽シーンにおいて唯一無二の存在である。特に2009年に2nd ソロシングルとして発表した「JUVES」は、チャートアクションは勿論、自身のアイコンともいえる楽曲として音 楽業界だけにとどまらず、多岐に渡り話題となった。また、2nd アルバムに収録された「STAY BEAUTIFUL」「ONE VOW」「Arcadia」等の歌詞においても、LIFEというテーマにリアリティが追求されたそのリリシズムは、多くの聴き手に共感を得た。そして、その真実をとらえ、核心をつくメッセージ性は熱く支持され続けている。ソロにおいて、2枚のアルバム「Diggyism」、「Diggyism II」、2度の全国ツアーを成功させたのち、2010年にグループを再始動させ、更に自らの音楽性を追究していく中で、10周年アニバーサリーベスト版「Decade」をリリースするなど、活動を展開した。
2014年、SOUL’d OUTとして通算6枚目のオリジナルアルバム「To From」を発表し、アルバムの全国ツアーとその後の「LAST LIVE “0″」をもって解散。11年半のグループ活動に終止符を打つ。
その後、解散を機に新たに立ち上げた自らのレーベルを拠点とし、10月1日に解散後初のワンマンライブ「Diggy-MO’ LIVE 2014 “DIG IT”」を渋谷TSUTAYA O-EASTにて開催し、大成功をおさめる。11月5日にはソロ再始動後初となるシングル CD「Lovin’Junk」をリリースし、12月10日には、自身初となるクリスマスソング「Christmas Dream」を期間限定で配信リリースした。
2015年4月1日に配信したアルバム先行シングル「Blue World」は、ラジオ局6局でパワープレイを獲得し、オンエアされる。そして、5月13日にはSOUL’d OUT解散後初、ソロとして約5年振りとなる通算3作目にして新章開幕といえるアルバム「the First Nightd」をリリース、オリコンウィークリーインディーズアルバムチャート1位を獲得。7月には東名阪ツアーを成功させた。
2016年9月からは、約1年ぶりとなる東名阪ライブツアーを開催、最終公演Liquid Roomではチケットが完売。秀逸なバンドアレンジ、圧倒的なパフォーマンスで各地のオーディエンスを魅了する。そして2017年3月、約2年ぶりとなる4枚目のアルバム「BEWITCHED」の発売とライブツアー開催が決定した。独特な声質を生かしたボーカル、鬼気迫るアグレッシブなライブパフォーマンスは音楽業界の中でも高く評価され、既存のジャンルにとらわれず、あらゆる音楽を昇華させた楽曲スタイルは、日本の音楽シーンにおいて唯一無三の存在であり続けている。