SUZISUZI
(スジスジ)

DISCOGRAPHY

もっと見る

PROFILE

KAORI BASS/VOCAL (YELLOW MACHINEGUN)
スクリーム・ヴォーカルで世間を圧倒したガールズ・ハードコア・バンドYELLOW MACHINEGUNのBASS/VOCAL。SUZISUZI FAMILYでは妹的存在。

IxSxO GUITAR/VOCAL (ex-ABNORMALS)
80年代後半からダークな世界観で多くのパンクファンを魅了しているABNORMALSの元GUITAR。SUZISUZI FAMILYでは弟的存在。

MUROCHIN DRUMS/VOCAL (ex-ABNORMALS/WRENCH/DOOOMBOYS/BERSERKER(GOTH-TRADxMUROCHIN)/WAGDUG/!!KYONO+BAKU!!!/DUB PUNISHMENTS)
数々のバンドのDRUMSを熟すSUPER DRUMMER。GUITERのIxSxOとはABNORMALSで同じメンバーだった。SUZISUZI FAMILYでは長男的存在。

K TAMBOURINE/VOCAL (PURE EVIL)
メンバーの長い友人で、これまでもKAORIの書く歌詞に手を貸している、加入前からバンドに関与していた秘書的存在。ちなみに、メンバー名表記の際、後ろに付けられている“PURE EVIL”は、彼らの担当EVIL君のレーベル名。SUZISUZI FAMILYでは長女的存在。

YELLOW MACHINEGUNとABNORMALS—この2バンドにどんな関係があるのか、ご存じの方も多いだろう。
1996年のデビュー当時はまだ珍しかった、女性のスクリーム・ヴォーカルで世間を圧倒したガールズ・ハードコア・バンドYELLOW MACHINEGUNと、80年代後半からダークな世界観で多くのパンクファンを魅了しているABNORMALS。この異色の組み合わせでスプリットがリースされたのが2000年のこと。
SUZISUZIの結成は、この2バンドが15年前に出会ったことから始まっている。

スプリットに伴うカップリングツアーが行われたことを機に、交流を続けていた彼らだったが、YELLOW MACHINEGUNは2006年あたりからしばらくの間、活動の手を緩めていた時期があった。
その時、KAORI(B/Vo)の才能を「埋もれさせてはいけない」と立ち上がり、彼女をバンドに誘ったのが、当時まだABNORMALSに在籍していたIxSxO(G)とMUROCHIN(Dr)の2人。時は2008年、スプリットのリリースから8年が経過し、再び2バンドのメンバーが、違う形で交わったのだ。
バンド名は、IxSxOの「女性の名前」という構想と、KAORIの「Susie」というアイディア、MUROCHINの「なら“SUZISUZI”は?」というひらめきに加え、皆が歌っている時の首元に浮かぶ「筋」をイメージして名づけられた。

他に多数バンドを掛け持ちするMUROCHINのスケジュールや、在阪であるKAORIとの距離などの関係で、音を合わせる時間が限られていた3人だったが、KAORIを東京に呼ぶ形で3ヶ月に一度はスタジオに入り、曲作りを開始。初期には、1回のスタジオで3~4曲を量産していた。

2011年に、下北沢THREEにて初ライヴを行った彼らは、女性ヴォーカリストの増員を試みる。
彼女の名前は“K”。メンバーの長年の友人である。
最初は、メンバーとしてバンドへの参加を躊躇していたKも、3人の熱心な誘いに乗り、正式メンバーとして加入。2015年5月に、渋谷RUBYROOMにて、現体制で初ライヴを行った。

そして結成から約7年、生み出した曲の中から選りすぐった9曲を詰め込んだ初のアルバム「SCREAM ADDICT」をリリースする。