川上ミネ
(MINE KAWAKAMI)

DISCOGRAPHY

もっと見る

PROFILE

ピアニスト、作曲家。愛知県長久手市出身。ミュンヘン国立音楽大学ピアノ科、マドリッド王立音楽院ピアノ科卒業。キューバ国立音楽大学講師などを歴任。
クラシック音楽家としてドイツで演奏活動を行った後、マドリッド(スペイン)~キューバと居を移し、ラテンジャズ、トゥンバオ(キューバのピアノ奏法)と作曲を学び中南米、ヨーロッパ各地で演奏、無国籍・ジャンルを超えた音楽スタイルを創り上げた。
現在はスペインと京都に拠点をおき、日本、スペイン、ヨーロッパ、中南米などで演奏活動、チューチョ・バルデス、ネストル・マルコーニ(bn)などと共演を続け、国境を越えた活動を行っている。
現在までに6枚のアルバムを発表、いずれもロングヒットを記録している。中でも音楽を手掛けているNHK『猫のしっぽ カエルの手』が話題となり、音楽とともに出演キャラクターの「ベニシア・ブーム」に発展、映画化、ブックメディアなどで多くのファンを獲得、現在に至り、番組内で使用されている楽曲が収録された『馨(かおり)』(DDCZ-1725)が大きなセールスを記録。12回継続中の世界遺産・清水寺の「舞台」でのピアノリサイタルなど独自の世界を展開して広い支持を得ている。