世武裕子
(Hiroko Sebu)

PROFILE

1983年、滋賀生まれ。幼少時より作曲、ピアノ、オルガン、エレクトーンを習い、テクノ、ロック、ジャズ、現代音楽、クラシックなど多様な音楽から影響を受ける。
パリ・エコールノルマル音楽院映画音楽作曲科卒。
『イングリッシュ・ペイシェント』『ベティ・ブルー』など多くの映画音楽を手掛ける作曲家ガブリエル・ヤレドに師事し、同音楽院卒業制作を満場一致の首席にて卒業。卒業制作では、『気狂いピエロ』の作曲家であるアントワーヌ・デュアメル氏からも賞賛を得た。
帰国後、2008年くるり主宰のNOISE McCARTNEY RECORDSよりデビューアルバム『おうちはどこ?』をリリース。
2009年、同バンドのAlbum『魂のゆくえ』レコーディング、およびホールツアーに帯同。
ソロ活動の他、福岡晃子(チャットモンチー)、白根賢一(GREAT 3)、あらきゆうこ、U-zhaanらとのバンド「the soft hell club」などの活動も行う。
また、映画劇伴『家族X』(10)、『だいじょうぶ3組』(13)や、『UNIQLO』『爽健美茶』など数多くのCM音楽も手掛ける。