TAAR
(ター)

DISCOGRAPHY

もっと見る

PROFILE

東京を拠点に活動するDJ/プロデューサー。2010年、実兄であるDJ MAAR (ex.DEXPISTOLS、Fake Eyes Production)に見出され、ROC TRAX (DJ MAARとDJ DARUMAによるユニットDEXPISTOLS主宰のレーベル)のレーベル・コンピレーション『LESSON.6 “ROC TRAX JAM”』に2曲を提供しクラブ・シーンに名乗りを上げ、トラックメイカー、リミキサーとして国内外を問わず高い評価を受ける。
2012年秋、自主限定生産の1stアルバム『abstrkt』をリリース。UK留学中に触れたヨーロッパのクラブカルチャーや当時のUKアンダーグラウンドの空気感をリアルに表現した楽曲が話題を呼び即完売を記録した。シーンの壁を越え様々なアーティストにも支持され、リリースから約半年後にはJUN (80KIDZ)、Fragment、DJ SODEYAMA、Bazz、YOSA等をリミキサーに迎えたRemixesアルバム『re:abstrkt』をリリースした。
2014年にShigeoJD (元SBK, steady&co / 現Fake Eyes Production)をフィーチャリングした『eyes of you』をはじめ3枚のデジタルEPをリリースした後に、2015年2月から始まったMODERN DISCO (at 渋谷SOUND MUSEUM VISION)のレジデントDJに抜擢された。盟友YOSAと共にレジデントを務め、フランスを中心に全世界に派生した新世代のハウス・ミュージックに呼応する形で生まれたこのパーティーには、Darius、Moon Boots、Bondax、FKJなど新世代の気鋭プロデューサーや、DJ FALCON、TODD EDWARDS、DIMITRI from PARISなど長きに渡りハウス~ディスコ・シーンを牽引するDJが多数ゲスト出演している。2017年にはインターネットblock.fmでパーティーと同冠番組『MODERN DISCO』がスタート。パーソナリティーとして独自目線の最新情報を発信している。
また、話題のシンガーソングライターiriのライブサポートメンバーを務め、人気WEBサイトhoneyee.comでブログを掲載することが決定するなど、活躍の場を広げている。ファッション・ショーやエキシビジョンの音楽プロデュースや楽曲提供も行なっており、DJ/プロデューサーの枠に留まらない“次世代の音楽家”として活躍中。